キャピキシルの育毛効果

キャピキシルの育毛効果

 

近年登場している育毛剤の中に配合されているキャピキシル。
カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社という化粧品の会社が最初に配合したことで知られています。
それが今では日本の市場にまで広がり、AGA治療患者を中心に話題になっています。
育毛剤の効果比較ランキングでも上位にランキングされていますね。
キャピキシル配合の育毛効果はどういった作用があるのかご紹介していきましょう。

 

 

 

キャピキシルとは

 

deeper3d

 

キャピキシルはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3の結集によって構成された物質です。
つまり、植物なども何か単体のエキスがキャピキシルというわけではなく、人間の手によって組み合わせて作られているんですね。

 

もともとなぜこのバラバラの液体同士を合成させようかと思ったのかというと、アカツメクサ花エキスに含まれている成分が悪玉の男性ホルモンであるDHTの生成を阻止する効果がわかったからです。

 

アカツメクサ花エキスに含まれているビオカニンAという成分が還元酵素の5aリダクターゼを阻止してくれます。すると頭部にある男性ホルモンと還元酵素が結び付かなくなり、抜け毛を防いで薄毛になりにくいという効果が期待できます。

 

つまりDHTの発症を防ぐという意味では、プロペシアに含まれているフィナステリドと近い作用があると言えますね。

ただ、ビオカニンAはフィナステリドのような副作用はありませんから安心して使用することができます。

 

 

deeper3d

 

 

発毛促進作用を与えるアセチルテトラペプチド-3

 

deeper3d

 

抜け毛を抑制するビオカニンAの存在だけでも非常に髪にとって良い作用を与えますが、発毛を促すという意味ではまだ物足りません。
そこで効果を与える作用を持つのがアセチルテトラペプチド-3。

 

アセチルテトラペプチド-3のもたらす作用で最も大きい作用は細胞の修復力。
すでに医学の分野でも活用されている成分で火傷や炎症の修復の際にアセチルテトラペプチド-3を注入することで、早い回復力が見込めるということが分かっています。

 

細胞分裂を繰り返し、毛母細胞を活性化させるには効果があるのではないかと考え、発毛を促す育毛剤にも配合されるようになりました。
その結果、毛乳頭周辺の毛母細胞が活性化され、血流がよくなり、栄養素が毛包部分の毛乳頭にしっかりと行き届く作用が現れたのです。

 

そしてこの発毛効果のあるアセチルテトラペプチド-3と抜け毛抑制効果があるアカツメクサ花エキスを融合しても、互いの利点を消すことなく活かせるということで、キャピキシルが誕生しました。

 

deeper3d

 

キャピキシルを投与した後の作用とは

 

deeper3d

キャピキシルを投与することでミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われています。
毛包の長さもキャピキシルを配合した育毛剤の方が、一般の商品よりも伸長効果が高いという結果がすでに現れています。

 

化粧品会社のLUCAS MEYER COSMETICS社がミノキシジルとキャピキシルを同じ条件でそれぞれ細胞に培養させたところ、ミノキシジルの3倍の発毛効果が現れたと発表しています。
今まで育毛効果や発毛効果があるものはミノキシジルやフィナステリドのみとなっていて、どちらも副作用の危険性があって高齢者だけでなく、身体的持病を抱えている方の使用もできないという制限がありました。

 

しかし、キャピキシルは高齢の方が使用しても副作用が出るものではありませんし、体への負荷が非常に少ない成分です。それもそのはずアセチルテトラペプチド-3はもともとアミノ酸から構成された成分ですし、アカツメクサ花エキスに含まれているビオカニンAもイソフラボンと同様の作用があるもの。
つまり化学薬品などが一切配合されておらず、人間の体に自然に溶け込むものばかりが配合されているんです。

 

 

 

 

 

キャピキシルを配合した育毛剤とは

 

キャピキシルの評価が高まるにつれ、いくつかのキャピキシル配合商品が登場しています。
日本で手に入れられるものとしては、ボストンスカルプエッセンス、スカルプ5.0Cなどが挙げられます。

 

しかし、どこよりも早く販売を開始し、先駆者的な存在として挙げられるのがDeeper3D
キャピキシル配合の商品としていち早く登場し、薄毛に悩まされている方の中でも圧倒的支持を集めています。

 

deeper3d

 

キャピキシルが5%と配合されているということだけでも非常に魅力的ですが、そこにプラスして成長因子(グロースファクター)が配合されています。
成長因子とは毛母細胞を活性化させて発毛不全や細毛、抜け毛の状態を改善する作用のあるものです。

 

もともとは人間の体は細胞分裂を繰り返し、毛包を活性化する働きがありますが、中高年ぐらいになってくると、その活性化する力も衰えていきます。
自分の力だけでは改善が難しくなったときに、成長因子を注入して再び毛包内の細胞分裂を促進させようという狙いがあります。

 

 

この成長因子がDeeper3Dにはなんと8種類も配合
他の育毛剤に比べて圧倒的に多いのも魅力の一つです。
キャピキシル配合の育毛剤の中で、どの商品を選べばよいかわからない場合は長年の販売実績と成分の良さで定評のあるDeeper3Dがお勧めです。

 

 

deeper3d